婚姻要件具備証明書

フィリピン結婚手続き情報センター

パターンA Step2 婚姻要件具備証明書

婚姻要件具備証明書の申請

 これは、マニラにある在フィリピン日本総領事館もしくはセブ、ダバオの日本領事館で行います。大使館休業日がありますのでご注意ください。この申請は、日本人当事者しか申請できません。

日本人
@ 戸籍謄本または抄本 1通 申請時点で3ヶ月以内に発行のもの
A パスポート 原本 コピーは不可
D 申請手数料 650ペソ 再婚者は1300ペソになります
E 除籍謄本または改製原戸籍 1通 ※ 婚姻歴あり、転籍などで婚姻の事実が戸籍から抹消されている場合及び成人後の転籍等により現在の戸籍謄本では婚姻歴の有無が確認できない場合
F 婚姻同意書 1通 ※ 未成年の場合
フィリピン人
@ 出生証明書謄本 1通 NSO発行のものがよい
A 出生記録不在通知書 1通 ※ 出生証明書が無い場合又は見えにくい場合
NSO発行もしくは認証要
B 洗礼証明書 1通 ※ 出生証明書が無い場合又は見えにくい場合
※ ダバオの日本領事館への申請の際は必要です。
 

STEP1ですでにそろえた上記書類を持って婚約者と、若しくは日本人当事者のみで日本総領事館または領事館に行きます。総領事館、領事館の受付時間は月曜日から金曜日の朝8:40から昼12:30までとなっています。

婚姻要件具備証明書の受取

 婚姻要件具備証明書の発行は、通常申請日の翌開館日です。婚姻要件具備証明書には有効期限(3ヶ月)がありますので、続けて婚姻許可証まで申請される方はよろしいのですが、そうでない方は発行から3ヶ月以内に必ず再渡航して婚姻許可証の申請をしなければなりません。

このステップでの注意!!

 日本領事館の休日は、日本の暦どおりではありません。事前に確認してください。また、領事館によっては提出書類に違いもあります。実際には、このステップで間違うとすべてをやり直すこともあります。フィリピン人婚約者が用意した書類は必ず確認しておく必要があります。出来ればコピーをとっておくことをお勧めします。偽造書類を持参した場合は、後々来日が出来なくなる場合もあります。

※当ページ内の情報は、基本的な事項です。実際の手続きでは多くの注意点が有ります。失敗しない婚姻手続きを進めるなら当事務所の有料サービスをご利用ください。

ホーム | 結婚手続き情報 | サービスのご案内 | 事務所案内 | お問合せ | ©2006 Otsuka Immigration Services