挙式と婚姻証明書

フィリピン結婚手続き情報センター

パターンA Step4 挙式と婚姻証明書

フィリピンでいう挙式とは

 日本では結婚式の種類として神前、仏前、人前など様々なスタイルがあり、いずれも結婚式(=挙式)といいますが、これだけでは法的に結婚したということにはなりません。市区町村役場へ婚姻届を提出して始めて法的に結婚したということになります。しかし、フィリピンの場合は一定の要件の下で婚姻証明書に署名を入れることで婚姻が完成します。これを挙式=法的な婚姻としますので、披露宴とは区別してください。披露宴はどちらの国でもそうですが、周りの人たちに結婚したことを披露するものです。フィリピンでは、披露宴の中で挙式することも可能です。

 ではフィリピンにおける挙式とはいったいどのような行為なのでしょう。フィリピンでは婚姻を挙行できる権限のある者(婚姻挙行担当官)が法律で定められています。判事や牧師、神父、裁判官、市町村長などがこの婚姻挙行担当官となっています。婚姻許可証の提示と成人である2名以上の証人の存在がある上で、婚姻挙行担当官の面前にて婚姻当事者双方が婚姻証明書に署名する行為をもって挙式=法的に結婚したとなるのです。

挙式のときに忘れてはいけないこと

 挙式の際には、婚姻許可証はもちろんですが、結婚指輪を持参するのを忘れてはいけません。それと、挙式の状況を撮影するためのカメラと念のために印鑑も忘れずに持参したほうが良いでしょう。

晴れて夫婦に

 婚姻証明書への署名が終り、晴れて夫婦となります。これでフィリピン法のもとでの婚姻が成立したことになります。

このステップでの注意!!

 挙式は、フィリピン家族法にて要件を定めています。悪徳業者によっては、要件を無視して行なう場合もありますのでご注意ください。その場合、婚姻自体無効であり、最初からのやり直しとなります。また、金銭を目当てに形式だけ挙式をするケースもあります。正規の手続きを経ずにこのステップまで進んでいる場合は、偽装婚を仕組まれている可能性があります。当事務所の有料サービスでは、数多くのお客様から直接集めた事例を元に的確なアドバイスをご提供いたします。また、挙式を含んだサービスもご提供いたします。

※当ページ内の情報は、基本的な事項です。実際の手続きでは多くの注意点が有ります。失敗しない婚姻手続きを進めるなら当事務所の有料サービスをご利用ください。

ホーム | 結婚手続き情報 | サービスのご案内 | 事務所案内 | お問合せ | ©2006 Otsuka Immigration Services