パスポート取得

フィリピン結婚手続き情報センター

パターンA Step8 パスポート取得

新パスポートの申請

 このステップはフィリピンの配偶者の手続きですので日本人配偶者には余り関係ありませんが一応確認しておきましょう。もちろんフィリピン人配偶者が国外である日本へ来るためにはパスポートが必要です。多くの場合日本で出会われたケースがほとんどですので、既にパスポートをお持ちの方が多いかと思います。

 既にお持ちの場合は、新規でパスポートを取得するのではなく、婚姻後のフィリピン人配偶者(女性)については、氏名の変更を行なったり、有効期限が近ければ更新することになります。婚姻後の日本人配偶者姓への変更は必須ではありませんが、変更しなかった場合と比べ、それぞれメリットデメリットがあります。パスポートに関する手続きは、フィリピン外務省の本部及びその他13の外務省地方事務所で手続きできます。

 申請前に旧パスポートの全ページをコピーしておき、日本での申請に使用します。

このステップでの注意!!

 マネージャーがパスポートを本人から回収し保管している場合、外務省は二重発行しませんので所定の手続きが必要です。また、他人名義のパスポートを使用していた場合は、新規での取得となります。また、偽造の出生証明書での結婚をしたばかりに、パスポート申請時にその事実が発覚し、パスポート取得できないケースも有ります。つまりそのままでは一生フィリピンから出国することは出来ないということになります。当事務所の有料サービスでは、他人名義使用の実績のある数多くのフィリピン人配偶者のお手伝いをした経験から円滑なパスポート取得を可能にします。

※当ページ内の情報は、基本的な事項です。実際の手続きでは多くの注意点が有ります。失敗しない婚姻手続きを進めるなら当事務所の有料サービスをご利用ください。

ホーム | 結婚手続き情報 | サービスのご案内 | 事務所案内 | お問合せ | ©2006 Otsuka Immigration Services