婚姻要件具備証明書

フィリピン結婚手続き情報センター

パターンB Step2 婚姻要件具備証明書

日本のフィリピン領事館で婚姻要件具備証明書を取得する

 STEP1でフィリピンから入手した書類と日本人の必要書類を持って、東京又は大阪のフィリピン領事館にて「婚姻要件具備証明書」の申請を行います。実はこの書類の正式名称は東京と大阪の領事館では違います。東京では「Certificate of No Objection」、大阪では「Legal Capacity to Contract Marriage」と言い、「婚姻要件具備証明書」と言う点では大阪のものがそのものです。文字通りフィリピン人当事者がフィリピン法で婚姻することの出来る要件を備えていることを証明するものですが、東京発行のものは婚姻に異議が無いと証明するものです。日本の市役所に婚姻届を持って行くときに、日本人同士なら戸籍謄本を見て婚姻の要件を備えていることを確認できますが、フィリピン人などの外国人にはそれを証明するものがありませんので、この書類がその役割を果たすわけです。

フィリピン人
1. 「認証済み」
出生証明書
原本+コピー2部
2. 「認証済み」
婚姻記録不存在証明書(CENOMAR)
原本+コピー1部
3. 「認証済み」
親の同意書(18歳以上21歳未満の場合)
  又は
親の助言書(21歳以上25歳未満の場合)
原本+コピー1部
4. パスポート
(顔写真のあるページ+ビザページのコピー)
 
5. 写真 パスポートサイズ 1枚
日本人
1. 戸籍謄本  (戸籍抄本は不可)
 住所、氏名(父、母、子)についてはフリガナ記載の事
謄本1部+コピー1部
2. 身分証明書(パスポートや免許証など) 原本提示+コピー1部
3. 写真 パスポートサイズ 1枚
領事館での申請費用が別途かかります。

 また、申請に当たってはフィリピン人と日本人揃って出頭する必要があります。

 さて、「婚姻要件具備証明書」申請の際の必要書類についても東京と大阪の領事館では違いがありますので、事前の確認をお奨めします。

フィリピン大使館 東京都港区六本木5−15−5
代表03-5562-1603
領事部03-5562-1589 他
フィリピン領事館 大阪府中央区城見2-1-61
 Twin21MIDTower24F
電話06-6910-7881

このステップでの注意!!

 フィリピン人婚約者が用意した書類の信憑性が鍵となります。特にフィリピン領事館での認証済み書類のチェックは厳しいものがありますので、必ず正規な書類を用意して下さい。実際に、フィリピン人婚約者に書類取得を任せておいて、いざ申請してみると領事館側で偽造と判断されつき返されたケースもあるようです。

※当ページ内の情報は、基本的な事項です。実際の手続きでは多くの注意点が有ります。失敗しない婚姻手続きを進めるなら当事務所の有料サービスをご利用ください。

ホーム | 結婚手続き情報 | サービスのご案内 | 事務所案内 | お問合せ | ©2006 Otsuka Immigration Services