日本で開始する結婚手続き(パターンB)

フィリピン結婚手続き情報センター

日本で開始する結婚手続き パターンB

日本で手続きを開始する方法

 パターンBにおいては、フィリピン人相手方が日本に存在していることが必要となります。在留資格については、婚姻後「日本人の配偶者等」へ在留資格を変更して日本での滞在を継続したり、一旦帰国して新たに在留資格を取得した後に再来日することになります。

 このパターンは、下記メニューのSTEP数をご覧の通り簡単に終わりそうに見えますが、正規の出生証明書を基にしたパスポートで来日している人物かどうかという点です。提出書類は外務省の認証を受ける必要がありますので、偽造書類で手続きを進めることはほぼ不可能だと思いますが、もしも他人名義であった場合、困るのは本人なのでもしもそうであった場合は、一度帰国した上でパターンAに則って婚姻すべきでしょう。

 最近多い事例では、「短期滞在」などですでに滞在している方や「短期滞在ビザ」で日本へ呼び寄せて結婚し、資格変更を行なう方法があります。

  日本   フィリピン  
STEP1 必要書類取りまとめ 必要書類取りまとめ フ(代理人可)
STEP2 婚姻要件具備証明書の申請及び受取 日・フ     
STEP3 婚姻届の提出     
STEP4 大使館への婚姻の報告  日・フ    
STEP5 在留資格認定申請・変更     

※上記表中(日)と(フ)はそれぞれフィリピン人及び日本人どちらが行う手続きかを示しています。
※また黄文字は日本人当事者が行う手続きです。

 パターンBの場合、上記の図の通り書類準備から来日までに5つの段階を踏まなければなりません。今持っているビザの有効期限を考えながら手続きを進めビザ変更する必要がありますので、在留資格が切れてしまい不法滞在者とならないように気をつけなければなりません。

このステップでの注意!!

 この方法では、事前にフィリピン人婚約者が日本に滞在している必要があります。短期滞在で入国させておいたり、正規な資格で就業中に行なう必要があります。また、申請に必要な書類はフィリピン領事館では厳しくチェックされますので、正規なものでない限り絶対に受け付けられません。スケジューリングをする際には、在留期限に余裕を持って進めないと中途半端に終わってしまうこともあります。ご注意ください。

※当ページ内の情報は、基本的な事項です。実際の手続きでは多くの注意点が有ります。失敗しない婚姻手続きを進めるなら当事務所の有料サービスをご利用ください。

ホーム | 結婚手続き情報 | サービスのご案内 | 事務所案内 | お問合せ | ©2006 Otsuka Immigration Services